自動車保険一括見積もり

自動車保険をネット見積りで比較するのがおすすめ

 

#自動車保険一括見積り 利用者数順ランキング

 

自動車保険を更新時期に合わせて比較することは、現在加入している自動車保険内容や保険料の「適正化」といえます。

最適化比較はたった数分で完了します。費用は掛かりません。ネット情報入力も簡単。

 

例えば、A社自動車保険に現在加入したとします。現在と全く同じ補償条件や内容で一括見積りで比較をしたら、20社中10社が今より保険料が年間3万円程節約できることが判明した。一番安い保険会社に乗り換えた。

これよくある例です。他にも理由もありますが、自動車保険料の見直しや比較の良い機会として更新時期をとらえ、定期的見積り比較すると、「自動車保険料が年間で35,000円安くなった!」などと嬉しい節約ができる場合があります。

保険会社の保険料というのは各社バラバラです。一応の相場は存在していますが、法律的にも規制も無く自由に自動車保険料を定めることができます。

自動車保険会社は多数存在し、国内・国外企業が保険商品を提示しています。法律的には決まりの無い事柄ですから、自動車保険加入者は同じ会社と契約しているだけ(一社だけ見積り)だと、今より良い条件を提示している保険会社情報を知る術がないのです。

この事態を回避するのに便利なのが「ネット一括見積り」。

更新時期を自動車保険料を比較して見直す良いタイミングと考えた方が結果的に得になることが多いです。尚、見積りは各社無料で利用出来てデメリットがありません。

画像:インズウェブより

自動車保険が今より安くなりやすいパターン

自動車保険料が安くなる理由ははっきりしてきています。

画像:楽天保険一括見積りより

上記の図は、自動車保険料が割引になる範囲に影響する内容です。この点もネット一括見積りの際に見直し・比較することで「安く」することが可能です。

以下の条件にご自分が該当する場合は現在の自動車保険料より安い会社が見つかりやすいでしょう。

  • 過去3年間無事故である
  • 単独のドライバーだけ補償したい
  • ゴールド免許である
  • ネット見積もりに割引制度があることを知っている
  • 保険証券不発行が割引対象だと知っている
  • 自動ブレーキ機能が搭載されている

これに加え、自動車保険内容(年齢・車両保険・ロードサービス・特約・等級)などが保険料に影響します。

見積りで今より安くするコツは、「同じ条件」を見積もりサイトに入力することが重要です。

その自動車保険料を比較することで安心感はそのまま単に保険料を節約できることになります。

これが、一括見積りの最大のメリットです。

 

「満足度はそのままに、保険料を安く!」

どこかで聞いたことがあるようなセリフですが本当ですよね。

自動車保険一括見積り利用者数ランキング

自動車保険の一括見積りをしている会社の利用者数を調べてランキングを作成。

尚、第三位の楽天保険一括見積りは利用者数は不明だったが楽天IDをお持ちの方にはメリットがあったのでランクインとなりました。

*2020年1月の時点のデータ*個人による調査比較サイト数40サイトのランキングデーターです

1位 インズウェブ 自動車保険一括見積り (5分で完了)

インズウェブ一括見積りで保険料を比較する

最大で21社から一気に保険料の見積りを取り寄せることができるインズウェブ 自動車保険一括見積り。

既に900万人以上の利用者がいる。今より保険料が安くなったと答えた金額の平均は30,879円。

一括見積りではCMでもお馴染みの大手保険会社の比較情報を無料で比較することができて大変便利。

企業情報:SBIホールディングス株式会社

インズウェブ一括見積りで保険料を比較する

2位 保険スクエアbang(バン!) 3分で完了

保険スクエア バン!で一括見積りする

保険スクエア バン!は400万人が利用する自動車保険一括見積りを16社から直ぐに見ることができる。

CMでもお馴染みの大手保険会社ばかりで安心・信頼性も高い。入力は簡単で最短3分で見積もり結果が表示される。

保険料が安くなったと答えた人の平均額は35,000円。
利用は無料でどなたにもこの金額が安くなる可能性がある。

運営:株式会社ウェブクルー

保険スクエア バン!で一括見積りする

3位 楽天保険一括見積り(最短5分で完了)

楽天IDでラクラク入力の楽天保険一括見積りをする

大手通販サイト楽天の保険料見積もりサービス。提携業者は大手保険会社5社で、CMでもお馴染みの会社ばかり。

利用者の83%が「安くなった」と答えたアンケート結果もホームページでは見ることができる。最短5分で完了する入力は楽天IDをお持ちの方は更に簡素化する。

また、楽天会員限定で選べるプレゼントがある。
サイトでは保険料の仕組みや車両保険に入るべき方などのコラム的要素も参考になる。

ランキング趣旨の「利用者数」は不明だったが利便性や提携先の信頼性からランクイン。



運営:楽天株式会社

楽天IDでラクラク入力の楽天保険一括見積りをする

ランキング結果では「インズウェブ」が自動車保険ネット見積り利用者900万人超えとぶっちぎりの結果。

各社の詳細は別ページで掲載予定。現時点ではトップの座は揺るぎない感じ。

やはり顧客満足度の高い保険会社だけで比較見積もりできるのが評価の高い理由でしょう。

平均して3万円以上保険料が下がったというデータは各社しっかりアンケート調査をした結果の根拠もあり参考にできそうです。

#トップ


自動車保険一括見積もり

安い自動車保険会社を選ぶときのコツとは?

#保険料ががとにかく安い保険会社を選ぶ 補償条件も見直す!

#事故対応力で選ぶ!

#通販型と代理店型 結局どっちが良い?

#自動車保険を見直す時のポイント!

#車種別の保険料の相場


自動車保険一括見積もり

自動車保険はもしもの時に備えて用意するものですが、もしもの時にきちんと対応が可能であれば「安い」方がいいですよね。

きちんと対応します!と書いてはあるけど比較すると他社は常識的に内容に入っていることも省かれている場合も。。。

そんな、ちょっと分かりづらい保険会社を選ぶ際の「コツ」を考えてみましょう。

自動車保険料ががとにかく安い保険会社を選ぶ 補償条件も見直す!

顧客満足度という指標が保険会社を決める際に一つの目安になります。満足度の高い保険会社の特徴は、割引対象項目が細分化されていることが多い傾向があります。

基本保険料の単価も安いし、細かく設定ができる(年間走行距離・対象年齢・安全特約など)保険会社を選択すれば、年間で数万円も金額が下がる事があります。これは家計にも嬉しいですし、同じ安心感のまま安い保険会社に乗り換えが可能です。

 

 

事故対応力で選ぶ!

保険会社の中には例えば「事故駆け付けサービス」がある会社なども選ぶことが可能です。事故発生時に保険会社には「電話」で初期連絡を入れますが、その後の事故の解決までの能力は各社それぞれです。

一括見積りをしたら、できるだけ事故対応力の高い評価を受けている会社で保険料と照らし合わせて契約先を決めるようにしましょう。

ネット通販型と代理店型 結局どっちが良い?

ネット通販型(ダイレクト型)という言葉は比較的新しい言葉です。発足当時は「満足度」も低く、事故対応能力も微妙という評価が目立ちました。

しかし、今では代理店型との差がほとんど見つけることが出来ないほど高評価を集め、立場が逆転してきています。

これは、車購入時にそのまま保険加入するケースが多い代理店型だけの時代が変わったとも言えます。


自動車保険一括見積もり

更新時に手軽にインターネットで切り替えができる通販型は、家計を助けるケースが多いのが特徴。

細かい情報を入力すれば、更に割引されるのは嬉しい事です。(年間走行距離や特例等)

全体を見ても保険の大半が通販型(ダイレクト)に大きなシェアがある実態が、代理店型よりメリットが多い事を証明していますね。

自動車保険を見直す時のポイント!

自動車保険を見直す際に、「安さ」だけに注目すると、もしもの時に大変な可能性があります。

どのような補償内容で現在契約していて、同条件で価格を比較するのは基本です。

そこから、細分化することで割引できる項目があればベストです。

保険証券発行をしないだけでも保険料は安くすることが可能です。

 

通販型のほとんどは、インターネット割引を採用しています。(数万円違う場合もある)

時間のかかる書類作業が簡素化できることへの「お礼」でもあるでしょう。

その分、入力すべき項目はありますが自身の加入している保険を理解する良い機会とも言えるでしょう。

 

保険料だけをポイントで自動車保険を買えるのではなく、トータル的なバランスで判断するのがコツです。

TOPへ


自動車保険一括見積もり

車種別の保険料の相場

情報は価格ドットコム様より抜粋

軽自動車の保険料相場です。

ミニバンの保険料の相場です。

現在の保険料と比較してみましょう。

 

 

© 2020 自動車保険 rss